ある理工系単科大学の学力向上策について話を聞いた。


 同大の教授によると、入学者の中には学力が十分でない学生や、高校時代に数Ⅲや物理を履修してこなかった学生がかなりいるとのこと。


 これらの学生は放置すれば、単位取得ができずに中退に至る可能性も高い。そのために、授業とは別に、コンピュータを使ったeラーニングを取り入れているそう。


 eラーニングの授業コンテンツは、当初、同大学の教授などが作ったが学生から「わかりにくい」との声があったので、高校に依頼して作りかえたのこと。


 eラーニングは学生がいつでもどこでも使えるのが特長。もちろん、自宅のパソコンでも学習をすることができる。


 eラーニングの活用と成績の相関は明らかで、入学前に熱心に取り組んだ学生は、入学後も高い位置にいる傾向にあり、反対に、熱心に取り組まなかった学生は低い位置にあるとのこと。


 eラーニングをしなかった学生、つまり学習習慣ができていない学生は成績もふるわない。


 教員も働きかけも重要で、放置すると学生はeラーニングを活用しなくなる。だから、きめ細かな指導は大切。


 話を聞きつつ、状況は塾と全く同じであるのを強く感じた。


 学習習慣をどうやって作らせるか、教師はそのために何をすべきか、課題は共通しているように思えた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る