ある研究会で公立入試について情報交換を行った。


 先日行われた前期選抜、当学習会同様に多くの塾でも子どもたちが苦戦をしていたよう。


 国語の聞き取り問題の傾向が変わり、多くの受験生が戸惑った。しかも問題数が増えて時間の足りない子もいたとのこと。


 理科も記述問題を中心に難度が上がった。思考力が問われる問題が増えて、出来る子と、そうではない子との差がついた模様。


 ある模擬試験会社の予測では、平均点は昨年より「微減」。ただ、多くの塾から「今年の入試は厳しかった」という話を聞いているそう。


 ある塾団体が各塾の自己採点のデータを集めて分析したころ、今年の平均点はかなりのダウンの見込とのこと。


 明日は前期選抜の発表。


 今年も眠れぬ夜になりそう。    

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る