昨日(日曜日)、入船中学の1.2年生を対象にした数学の補講を行った。


 毎年、東京の足立区から依頼を受けて公立中学で授業を行っているが、地元の浦安市からの依頼ははじめて。


 お互いに初対面ということもあるが、やはり、塾の生徒への指導とは勝手が違う。恐らく、生徒にも、ふだん学校では見慣れない塾の先生という緊張感や違和感があっただろうと思う。


 中1範囲の復習をやって欲しいとのことだったので、少しゆっくり目に正負の計算の基礎から授業を進めた。


 授業が始まり15分もすると、私自身は、当初の違和感も全くなくなり、ふだんと同じように授業を進めた。


 この数学補講は来年の2月末まで続く。この間に、何とか、生徒たちには数学を好きになって欲しいと思う。


 ホームを離れて、久しぶりのアウェイの授業。


 私自身は楽しさを満喫した。果たして生徒たちは如何?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る