NTTのR&D東京オープンルームを訪問した。


 ここはNTTの開発途上にある商品を展示して研究成果を発表するとともに、今後の開発について関連メーカーなどと打合せをするスペース。


 いくつかの面白い商品を紹介してもらえた。


 その1つが「ぶるなび」。


 将来の携帯端末に組み込まれる可能性があるとのことで、携帯を手にしている人の手を引いて目的地まで道案内してくれる商品。


 内部に組み込まれたおもりの加速度を利用したもので、この装置を手にすると確かに自分の手を引いて案内してくれているような感じがする。 


 地図を見ながら目的に行くのではなく、装置が手を引いて連れて行ってくれる。
地図は不要なので、地図の苦手な人や目の不自由な人には重宝されそう。


 実用化の暁には携帯の機能がさらに充実する。技術進歩の一端を垣間見ることができた。                                      

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る