浦安市内の入船中学から、同校の1.2年生対象に数学の補講をやって欲しいとの依頼を受けた。
 
 この補講はもともとは明治大学が文科省から委託を受けたプロジェクトだそうで、同大学の学生がボランティアとして授業の補助に入る。


 授業は12月初旬から2月にかけて行われ、進め方や内容などはすべてお任せいただけるとのこと。


 公立学校での数学の授業は、これまで東京の足立区で何度か行ったが浦安市の学校でははじめて。


 先日は浦安市の別の中学でキャリア教育の授業を行ったばかり。公立中学と塾の間の垣根はまだ高いが、ようやく、少しずつではあるが交流が生まれつつあるのは喜ばしい限り。


 せっかくの機会、よい授業を行いたいと思う。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る