久しぶりに一斉指導の授業を行った。


 中3対象に数学の定期試験対策として、展開・因数分解・平方根を指導した。


 一斉授業塾にとって、一斉指導は日常のヒトコマ、ただし、伸栄学習会のような個別指導塾にとって一斉授業は非日常的なイベント。


 私にとっても楽しいひとときだった。


 試験で間違える問題パターンはだいたい決まっている。今日はこれらに的を絞って指導した。やはり、子どもたちの多くは、落とし穴に落ちる。この種の対策の大切さを再認識した。


 授業終了後、子どもたちにアンケートを書いてもらった。一斉授業をまたやって欲しいとの要望も多かった。


 学校では、毎日、一斉授業を受けているのに何か不思議な気もしないではないが、やはり、伸栄学習会の非日常性がよかったのかもしれない。


  子どもたちもいつもと違ってか、楽しそうに授業を受けていた。また、この種のイベントを行いたいと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る