伸栄学習会が教育サービスの国際認証企画ISO29990を取得してほぼ1年。この4月上旬にその継続審査が行われることになった。


 今日はその審査に向けてコンサルタント会社の方に来塾いただき、最初のミーティングを開いた。


 ふだんは生徒指導などに追われてまとまった時間を作ることは不可能。そこで、この日曜日を利用して、講師総出で対策を練ることにした。


 私から全員に強くお願いしたことは、単にISOの継続認証を取ることではなく、この機会にさらに授業の質を高めること。


 そのために、授業の進め方、講師の皆さんに勉強していただきたい内容などをISOに組み込んでもらうことにした。


 ただ、これは結構、大きな作業。


 昨年作った書類が大改訂になるのはもちろん、授業の負担も大幅に増えることになった。もちろん、単に形式的な負担増なら避けるべきだが、いろいろ考えると授業の質が上がるのは間違いなさそう。


 当然、スタッフは内心では反対のこのよう。ただ、子どもたちのことを思うとやった方がいいに決まっている。彼らもこの点を理解して快く賛成してくれた。 
 これを機にさらに授業がよくなればと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る