富山県の片山学園中学高校を訪問した。


  富山駅から車で20分、立山連峰を背にしたまるで「お城」のような学校。富山県唯一の私立中高一貫校であるばかりはなく、塾が創った学校でもある。



 


片山学園 まず、驚いたのは全校生徒の拍手の中で迎えてくれたこと。


 


 


 


 私立公立、さまざまな学校を訪れてきたが、全校生徒の出迎えがあったのははじめて。


 校舎を見学させていただいたが、とにかくキレイ。そしてスペースに余裕があること。


 何と展望塔まであり、360°景観をのぞむことができる。放課後、生徒たちがここに来て読書などをしているとのこと。


 この春、84名の卒業生のうち、東大3名・京大2名・国立医学部7名、国公立34名の合格者を出したとのこと。


 この生徒たちの中学入学時の競争倍率は2倍にも満たなかったことを勘案すれば、「驚異的」な実績。


 その秘密は塾と同じ授業にあるとのこと。同校の先生はすべて塾出身。「学校の先生は眠っている生徒がいても気にしないが、塾の先生は一人の生徒でも眠ったら授業を止める」という言葉が象徴的だった。


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る