オランダの学校で導入されている「イエナプラン」のワークショップに出た。


 「イエナプラン」とは、異年齢の生徒をクラスにまとめて行う教育方法。


 たまたま、このワークショップが浦安で開かれたこと、それに何人かの塾長から勧められたこともあり、夏期講習を抜け出して参加した。


 ワークショップと銘打たれているように、この日はセミナーはレクチャー方式ではなく、「イエナプラン」の授業そのものを大人向けにアレンジして行われた。


 授業は先生(グループリーダーと称される)を中心に輪になって進められ、作業は班に分かれて行われる。


 日本の学校のスタイルとは全く違う。


 ただ、この「イエナプラン」、伸栄学習会の授業スタイルと似ている部分もあり、改善のヒントがたくさんあった。


 講師のリヒテル直子氏によるテンポの良い進行に魅了されたが、特に次の2つ言葉が心に残った。


 「建築家の仕事は建物を建てること、料理人は料理を作ること。教師の仕事は人間を育てること。」


 「教師がやるべきことは、教育科学に基づいて子どもにとって最適なsituation(場・状況)を作ること。」


 気づきの多い勉強会だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る