AO・推薦入試対策ガイダンスに参加した。


 生徒・保護者対象のガイダンスであったが、高校の先生などもかなり参加しているようだった。


 文科省の指導により、AO入試の出願は8/1以降、推薦入試の出願は11/1以降と義務づけられていて、一昔のような「青田買い」は禁止されている。


 以前は、春先に合格を出す大学もあったよう。


 この文科省の方針に大学がどのように対応しているのか、特にAO入試ががどうなっているのか様子を調べるのが目的の1つだった。


 会場で関係者に話を聞いたが、さすがに8/1以降の出願規定を無視する大学はないとのこと。  


 ただし、エントリー時期を8/1以前に設定して、事前相談や事前面談などはかなり行われている。


 これは大学と企業の就職協定に似ている。


 個々の実態はよくわからないが、事前相談などで合格を示唆されるケースも考えられなくはないよう。


 少子化の中で、大学による生徒囲い込みは熾烈を極めている。


 従って、やはり、情報収集は大切。実態把握の重要性を再認識した次第。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る