ある会合で参考になる話を伺うことできた。


 その1つが今年の中学受験の動向。生徒・保護者対象の進学フェア(複数の私学が集まって開く進学相談会)への参加者が減っているとのこと。


 特に大規模の進学フェアでその傾向が著しいそう。


 景気の悪化や大震災の影響もあって、今年の中学入試は、私学にとってさらに厳しくなる模様。


 これらを背景にしてか、入試回数の増加(特に午後入試)、入試日の前倒し、面接の廃止、入試科目の軽減を図る学校が増えているとのこと。
 
 これらはいずれも生徒や保護者にとっては朗報。


 ただ、一方で生徒集めへの奔走が、私学の特色を失わせる恐れのあるのも事実。それに、教育内容が大学入試一辺倒へさらに向かってしまう可能性もある。


 話を聞きつつ、学校選びがさらに難しくなっていること、そのための情報収集の重要性がさらに高めっていることを感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る