秀明八千代中高の塾対象説明会に出た。


 秀明八千代を訪問するのは久しぶり、それに塾対象説明会に出るのも今年度はじめて。いつもながらの説明会だが、ちょっと新鮮な気持ちで参加した。


 はじめに校長の話があった。


 保護者とともに「共育」を目指していること、学習の動機付けを大切にしていること、その一環として中2と高1ではイギリス研修を行っていることなどについて説明があった。


 お話ししようとしていることはよくわかる。ただ、限られた時間の中で教育内容を伝える難しさも同時に感じた。


 塾も保護者に対して「良さ」を伝えなければならないのは同じ。


 でも、これは本当に難しい。言葉を尽くせば尽くすほど、かえって保護者の関心が薄らぐのを感じることもある。


 私なりに理解している同校の良さは、落ちつきのあること(ギスギスしていないこと)、それに礼儀正しさ(生徒指導のよさ)。


 でも、これを伝えるのはやはり難しそう。


 久しぶりに私学の説明会に出て、改めて、PRの難しさを感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る