ある塾団体の研修会で最新の入試情報について話を伺った。


 公立高校各校の志願者数の予想が中心だったがとても参考になった。不景気と言われる中、今年は私立の志願者が予想以上多かったよう。


 伸栄学習会の中にも、私立を第一志望にする生徒がかなりいた。


 先日、読売新聞社からこれについて意見を求められたが、やはり、公立高校の入試制度の変更が大きかったのではないかと思っている。(1/23<日>の千葉版に記事が掲載された)


 いずれにしても、私立が増えた分、志願者数を大幅に減らしている公立高校がかなり出てきそう。今日はこの辺りのことを具体的に聞くことができた。
 
 その中でも一番の驚きは船橋啓明高校。


 船橋西と船橋旭が統合した新設校だが、期待が大きかっただけに驚きも大きい。今年の春、同校を訪問したがこのような結果になるとは予想ができなかった。


 しかし、塾の立場では「ねらい目」?


 これから、中3生の最終的な志望校の絞り込みに入る。今日の情報はたいへんありがたい。このような機会を与えてくれたことに感謝。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る