かねてから懸案だった教室の配置換えをした。


 伸栄学習会の授業は個別指導で進められる。


 ただ、ふつうの個別指導と違って、生徒たちは「コンピュータ」と「机」を行き来しながら授業を受ける。


レイアウト1
コンピュータの場面では私の授業を受けてもらう。


 


 


 


 つまり私の作った授業の映像を見て、その日の学習内容を理解してもらう。


 一斉授業では、先生の説明を受ける場面に相当する。


 


 


レイアウト2
その後、机に戻って、理解した内容を問題演習で確かめる。


 


 



  一斉授業では問題演習の場面に相当する。



   その際に、わからないことなどがあれば、教室にいる先生に質問してもらう。


 つまり、一斉授業を個別指導に置き換え、生徒一人ひとりの進度に応じて指導するのが伸栄学習会の特色。


 今回の配置換えでは、コンピュータはすべて教室の隅に移し、教室の中央には机を置いた。


 これによって、教室の見通しがよくなり、教室内の移動もラクになった。


 このレイアウトの変更、実は、とても時間がかかった。講師たちは徹夜で作業をした。


 ただ、このレイアウトの変更、生徒からも講師からも評判がよい。苦労が報われたよう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る