市川南 
スタッフと一緒に市川南高校を訪問した。


 


 


 


 同校は地元の子どもの多くが通う公立高校。東京メトロ原木中山駅から徒歩15分。浦安や行徳からの交通の便も良い。


 同校は偏差値の高い高校ではない。このため基礎学力を養成する目的から、数学・英語の先生が少し多く配置されている。
 
 高1・高2の英語については7学校級のところ10名の先生が、高2数学については、7学級のところ9名の先生がそれぞれ配置されているとのこと。


 最近の傾向として、成績上位者が就職を志望するとのこと。昨今の経済情勢がここでも反映されているようだった。


 校舎をご案内いただき、授業を見学させてもらった。


 以前も同校を訪問したときに感じたが、今回も授業が整然と行われていた。授業が成立しているのは「当たり前」のことかもしれない。しかし、学校は基本的には勉強するために来るところ。


 「当たり前」が当たり前に行われているのはとても大切なこと。この意味で、安心して通うことのできる学校であることを改めて確認した次第。


 昨年の入試で同校の定員は240名から280名に拡大された。今年、一部の高校では定員が削減されたが、この高校の定員は削減されなかった。


 「ねらい目」かもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る