ある本を読んでいたら、ソニーのAIBOの開発担当者の話が載っていた。


 その担当者曰く、「われわれは世の中に役立つ商品だけを開発しているわけではない」とのこと。


 AIBOはペット小型犬のペットロボット。産業ロボットなどと違って、人間にとって役に立つものではない。考えてみれば、われわれの身の回りには、生産性を上げたり、効率化を図ったりするのものばかりがあるわけではない。


 少なくても、わが家にいる2匹のネコは、なんの役にも立っていない。


 でも、ここで翻って考えてみると、ロボットですら「役に立たない」存在が許されるのなら、われわれ人間だって、「役に立たない」人がいたっていいはずじゃないだろうか。


 今、世の中が閉塞感に包まれ、大学生は就職で苦労して、それを見ている子どもたちも自分の将来を案じている。そんな中、少しでも将来、世間で役に立つ人間になろうと努力している。


 もちろん、これはこれで結構なこと。


 でも、これだけでは、なんか、淋しい。


 勉強はある意味、人間の余暇活動。役に立たない勉強も許されていいはず。勉強を勉強として楽しむ。そんな余裕もあってもいいのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る