この時期、浦安市の中学では学校を公開している。


 伸栄学習会に通う中学生の大半は、近くの公立中学に通っている子どもたち。しかし、残念ながら、ふだんその中学の様子を知ることは全くできない。


 以前は公立高校の様子も全くわからなかった。ただ、ここ数年、公立高校の門戸はいろいろな形で開放され、定期的に先生方と情報交換もできるようになった。


 ところが、公立小中学校とは現状、情報交換などは全くできない。そんな中、この学校公開は公立中学の様子を知る絶好の機会。


 今日は「市民」という立場でいくつかの中学を訪問した。


 浦安市内のいくつかの中学は、保護者の評判があまりよくない。荒れているといううわさ話も聞くことがある。


 ところが、実際に授業を見学してみるとそんなことは全くない。確かに、何人かの子どもたちは居眠りをしているが、授業は整然と行われている。


 これまで訪問してきた私立中学と比較しても遜色はない。


 少なくても「学校が荒れている」といううわさ話とは対極。子どもたちを安心して預けられる環境にあるように感じた。


 やはり百聞は一見に如かず。


 近い将来、塾と公立学校の垣根がなくなればと強く感じた。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る