塾の玄関の芝生を張り替えた。


 伸栄学習会の本部教室の建物が造られたのは、日本が年率2ケタの経済成長をしていた昭和48年(1973年)。


 それから50年近い歳月が経過している。従って、ビルは古くなり、外観はお世辞にもキレイとは言えない(大家さん、ゴメンナサイ………)。


 入口のアプローチの階段も同様。コンクリートを打っただけで、無機的な感じがする。


 そこで、もうだいぶ前から、ここに人工芝を敷いて見栄えをよくしてきた。


 ところが、この人工芝、毎日、多くの人が出入りするので、時間の経過とともに表面が禿げてきてしまう。


 2ヶ月ほど前から劣化が目立ち、何とかしなければと思っていた。


 ところが、なかなか時間が取れない。それに、寸法を測ってホームセンターで人工芝を買うのも結構手間がかかる。


 そんなこんなで、気になるつつも、そのままにしていた。


 ただ、いつまでも、この状態を続けるのはよくない。そこで、思い切って、張り替え作業を行うことにした次第。


 張り替え後の姿は写真の通り。


芝生 


多少、当ビルの見栄えもよくなったのではないかと思う………

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る