「職業人講話」なるテーマの講師を務めた。


 塾の講師をやっていると、話をする機会は多い。子どもの前はもちろん、保護者会などでも話をすることはしばしばある。


 準備にはそれなりのエネルギーを使うが、特に、大きな負担を感じることはあまりない。


 ただ、今回は別。


 聞き手は大人ばかり。私より年長の方も多い。そんな人の前で、自分の職業人としての経験を踏まえ、参考になる話をせよとのこと。


 とてもとても、私にはそんな資格なんかわるわけない。気が重いこと、この上なかった。


 それでも、「やれ」という指示。まな板の鯉となって講師を務めた。


 持ち時間は1時間。塾の通常の授業時間より短い。時間通り終えられるように、いくつかのケースを想定して話の用意をした。


 幸い、眠ってしまう人はいなかった。何人かの人からは、興味を持って聞いてもらえたようだった。


 ただ、それにしても、荷が重い。このテーマ、あと、50年くらいたったら、私でも自信を持って話せるようになるかもしれない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る