恒例の理科実験教室を開催しました。


理科2


 


 今回のテーマは「色と光」。


 


 


 


 


 まずは、「光」の部。


  「普通の光(白色光)は多くの色が混ざってできている」という説明から、セロハンと懐中電灯を利用して、「光の三原色」「光の合成」の実験を行いました。



理科1  


光を混ぜていくと、白色なることを実感。


 



 



  「光とは電磁波、つまり波である」というムズカシイ説明にも、子どもたちは楽しそうに耳を傾けます。


 次いで「色」の部。


理科3 絵具を溶かした水を利用。


 数滴、紙に垂らして「色の三原色」「色の合成」の実験を進めます。


 


 


 色を混ぜると、黒は出来る、しかし、白は出来ないことの実感。


理科4
最後に、CD利用を利用して分光器作り。
CDには、1ミリ平方メートル当たり、600本の溝があります。


 


 


 光は波長により屈折の度合いが異なる。CD上の溝で、何回か屈折をくり返して色ごとに分かれます。


理科5


 


CDを切って、厚紙に型紙を張り付け分光器の完成!


 


 


 


 全員、作製に成功。
 お土産に持って帰りました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る