「中小企業新事業活動促進法」なる法律についての個別相談に乗ってもらった。


 この法律、国が中小企業を支援するために制定したものとのこと。この法律に則って承認を得ると、助成金や融資について特別な優遇措置が講じられるそう。


 実は、ワケのわからないまま、先日、このコンサルタント会社が主催するセミナーに出て、この日、個別相談を受けた次第。


 伸栄学習会の教室にはパソコンをはじめてとして、いろいろな機械やソフトを導入している。この費用、案外、莫迦にならない。以前より、もしできるなら、国の助成を受けられないか検討してきた。


 数年前、見よう見まねである助成金に申請したが、見事に「落選」。


 その後、いろいろ話を聞くと、単に助成金に申請したのでは、まず通ることはない。事前に関連法令の認可を取る必要のあることを知らされた。


 そんなこともあり、この「中小企業新事業活動促進法」という、舌をかみそうな法律に関心を持った次第。


 この日、いろいろ話を聞くと、「ひょっとしたら」という期待を持つに至った。


 ただ、問題は「時間」。


 今、春期講習の直前。申請書を作ったり、データを揃える時間を確保するのはまず不可能。


 とても残念だが、春、いろいろなことが一段落した後に着手することにした。


 でも、この種のことは、「そのうちに」と思っていると、永遠に「その日」は来ない。何とか、仕事の段取りをつけて、挑戦したいと思っている。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る