ショッキングな話を耳にした。


 ある上位の中学が、今春の入試で、かなりの数にのぼる「くり上げ合格者」を出したとのことだ。


  くり上げ合格とは、入試発表後に辞退者が出た際などに、次点の生徒に電話連絡して合格を知らせるもの。多くの(大半の)私立中学が採用している方法だ。
 
  その中学、そのくり上げ合格数が例年と比較し、あまりに多かったので、ある方が、原因を突き止めるべく、中学を訪問して理由を聞いたそうだ。


 その理由が驚き。1つは公立中高一貫校に流れたこと、もう1つは、地元の中学に進学する生徒が多数いたとのこと。


 一般に私立中学の受験には多額のお金が必要になる。


 某中学に合格しながら、地元中学に進学したご家庭では、受験準備でお金が尽きてしまい、私学に進学させる経済的余裕を失ってしまったのがその理由。


 もちろん、このようなケースは個々には過去にもあったはず。しかし、その数が例年とくらべ、異常となると話は別。


 そして、この話、その中学に限った話ではないことも十分想像できる。


 不況というはマスコミを通じて十分承知しているつもり。もちろん、私自身もそれは肌身を通じて感じている。しかし、今日の話は、やはりショッキングだった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る