家族全員5人で映画を見に行った。


 子どもは3人。大学院生の長男、大学生の長女、高校生の次男。最近は、子ども3人を連れて、演奏会や映画などに行くことが滅多になくなった。


 行くときは1人、せいぜい2人を連れて行くだけ。子どもの成長とともに、スケジュールを合わせるのが難しくなった。


 映画は「のだめカンタービレ最終楽章」。


 実は、これにはちょっと、背景がある。


 昨年末、ある中学生の女子から、「先生、ベートーベンの七番を聴きたい」という話があった。


 伸栄学習会では、ビルの入り口と教室で音楽を鳴らしている。そのため、CD200枚くらいを家から持ってきている。彼女は、その中に、ベートーベンのこの曲がないかどうかを聞いてきた。


 ベートーベンの七番の交響曲はもちろんポピュラーな曲。でも、かといって、とてもとても有名な曲というわけでもない。


 「どうして?」という私の問いに、「“のだめ”でやっている」と彼女は答えた。恥ずかしながら、私は、このドラマについてはまったく無知だった。彼女は、そのドラマの中で第七が演奏されていること、そして、第一楽章のフレーズを口ずさんだ。


 “のだめ”と言う言葉は、ゴールデンウィークに催される「熱狂の日」音楽祭で聞いたことがあるような記憶がある。だが、その音楽祭とドラマの関係についても何も知らない。


 ………こんな経緯もあり、「のだめ」を見に行くことにした次第。 


 映画は面白かった。特に、「ボレロ」の演奏シーンでは腹を抱えて笑ってしまった。ラベルのこの曲が、こんなに笑えるなんてはじめて知った。


 子どもたちも満足そう。楽しい2時間だった。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る