知り合いの塾長と教科指導について勉強会を開いた。


 この日取り上げたのが、英語の「不定詞」の指導法。多くの生徒が苦手としている単元。


 ただ、「不定詞がわからない」と言っている生徒の多くは、実は、不定詞がわからないのではなくて、その前のbe動詞や一般動詞に穴のあることが多い。


 それはそれとして、一応、不定詞がわからないという生徒を想定して、その指導法を点検し合った。


 私と知り合いの塾長の最も大きな相違点は、副詞や形容詞といった内容に踏み込んで指導するかどうか。


 私はこれまで、中学生に対しては、副詞とか形容詞の内容について踏み込んだ指導をしてこなかった。というのは、多くの中学生が、動詞や助動詞、それに名詞の理解で目一杯になっていると感じてきたから。


 ただ、その塾長は、いずれ高校で指導しなければならないのだから、この機会に踏み込んで指導する、と言う。


 確かにその通り。高校の英語で最も大切な要素の1つが「品詞感覚」。長文を読む際に、品詞について敏感であることはとても大切なこと。品詞感覚の鈍い生徒は長文が読めない。


 その意味で、中学生から、副詞や形容詞について学んでおくことは一理ある。ただ、一方で、中学生に、そんなに余裕があるとも思えない。


 ン~~、この問題、みなさん、どうお考えになりますか………??


 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る