このたび厚生労働省と経済産業省から全国学習塾協同組合を通じ、「緊急人材育成支援事業」への協力要請がありました。


同制度の概要及び訓練生(受講生)の募集要項は次の通りです。
受講をご希望の方、本制度へのご質問などありましたら、細かな点も含め伸栄学習会(担当:青沼・松元・泉沢)までお寄せ下さい。


 


「緊急人材育成支援事業」受講生募集要項

■この講座は訓練・生活給付金支給対象講座です。
 訓練期間中6ヶ月間にわたり、毎月、独身の方は月額10万円、扶養家族のある方は月額12万円が国から給付されます。

■訓練期間・時間: 21年11月2日 ~ 22年4月30日  6か月

■定員: 25名(お早めにお申し込み下さい)

■募集期間 9月16日 ~10月14日
     
■選考日 10月15日
  
■訓練場所  伸栄学習会

■主な訓練内容 
【ビジネスマナー】職場での基本のマナー・会話の基本・仕事のルール
【ビジネス敬語】バイト言葉・NG言葉・ビジネス特有の言い回し・恥をかかない文書の敬語
【ビジネス文書の書き方】社内文書・社外文書
【時事用語】話題に乗り遅れないための最新時事用語
【ビジネスコミュニケーション】
【職業人意識】組織の仕事・仕事の取り組み方
【履歴書の書き方】
【面接の受け方】
【パソコン基礎・応用】ワード・エクセルまで
                   ・・・など600時間以上

■受講料:無料

■自己負担額
  テキスト代の一部9,796円及び交通費

■訓練・生活支援給付金
  職業訓練を受講している間、毎月以下の額が支給されます
    被扶養者のいる方  12万円
    単身者       10万円
※欠席・遅刻・早退等で、訓練への出席率が8割に満たない場合、それ以後の生活給付金は支給されません

■訓練生(受講生)となって給付金がもらえる条件
   ⇒最終的にはハローワークが判断しますが、まずは伸栄学習会までお問い合せ下さい。

 ・雇用保険を、現在、もらっていない人
 ・世帯の主な生計者(パラサイトシングル・主婦などは対象外)・年収見込みが200万以下、かつ世帯全体の年収見込みが300万円以下(過去ではなくこれからの見込み)
 ・世帯全体の金融資産が800万円以下、現在住んでいる以外に土地・建物を所有していないこと

■この職業訓練は下記の通りです
1.訓練番号 21-12-02-00-0037
2.訓練コース名 新規成長・雇用吸収分野等訓練コース(基礎演習コース)
3.訓練科名  基礎演習科基礎演習コース
4.対象・受講要件 
訓練・生活給付金の資格要件を満たしている方で、かつパソコン入力に必要なキーボード入力ができる方
5.訓練終了後の関連職種  IT・営業・販売・事務・経理分野
6.終了後に取得できる資格 本講座修了資格 受講者の任意でパソコン検定3級・4級の受験が出来る

■応募者が最低実施人数に満たないコースについては、訓練の実施を中止する場合があります

■選考の結果、合格された方は、現在の住所又は居所を管轄するハローワークにて受講勧奨、訓練・生活給付金の受給を希望される方は受給資格認定申請書の提出をお願いいたします

■受講の流れ
ハローワークの認定(紹介状の受領)⇒伸栄学習会へ紹介状持参⇒ 選考(10月14日)⇒決定(10月15日)⇒受講開始(11月2日~)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る