数学文章題の指導をした。


 文章題で大切なことは図とか表とかを必ず書くこと。いきなり式を立てようとする子がいるが、これは論外。絶対に止めさせなければ行けない。


 しかし、もう1つ大切なことがある。それは、問題に書かれているすべての情報を、図や表などに落とすこと。


 多くの子どもたちは、中途半端な図や表を書いている。例えば、速さの問題では、時間が抜けていたり、あるいは速さが抜けていたりなど、けっこう漏れが多い。


 キチンと図や表を書かないまま、いくら文章題を解いても、決して出来るようにはならない。数日すると、やり方を忘れてしまって、元に戻ってしまうことがよくある。


 これは、子どもの責任というより、むしろ指導者の責任。


 中途半端な図や表に対しては、キチンと書くように指導することが大切。しかし、現実の子どものノートを見ると、けっこう漏れがある。


 多くの子どもが「文章題がキライ」と言う。原因の1つはこんなところにあるのではないかと思う。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る