スタッフ全員で教務ミーティングを開いた。


 テーマは、先日終わったばかりの定期試験の問題分析。公立中学の各校で出題された問題を点検した。


 現在、この地域ではごく一部を除き、1学期中間試験がない。だから、今回の試験が新年度に入ってはじめて。先生も替わり、どんな傾向になったのか興味津々だった。


 やはり、というか、当然というか、問題傾向がガラリと変わった学校があった。


 特に、英語。


 一昔前までは、「英語で点数を稼ぐには教科書を暗記すればOK」、というのが常識だった。ところが、ある中学では長文問題も含めて、教科書からはほとんど出題されていない。


 こんな学校では、教科書だけをやっていたらほとんど得点できない。底力のある子ならともかく、英語にアップアップしている子にはキチンとした対策指導が必要。


 一昔前のように、一律の「定番」指導が成り立たなくなっている。


 生徒個々への対応がますます重要になっているのを実感した。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る