伸栄学習会の講師は、月のうち半分くらい社外の研修会に出ている。


 昨日はビジネスマナー、今日はコミュニケーション。明日はチーム作りの研修会に出てもらう予定。(たまたまこの3日間は実務型が重なった)


 教師として数学や英語をどう教えるかということはもちろん大切。ただ、もっと大切なのは幅広い「教養」だと思う。


 なるべく広い分野の学問に接して欲しいし、現代社会を読み解く上で重要なキーとなる経済・文化・社会について一応の知識を持って欲しいし、もちろん、コミュニケーション力も重要だと思う。


 それに簿記・法務等など上げればキリがない。ただ、教師として生徒と接するのだから、教師自身も学んで欲しいと思っている。


 学びの楽しさは、自らが学び、自らが楽しまないと人に伝えることはできない。だから、教師にとって最も大切なことは「学ぶ」ことだと思う。


 もちろん、これは、スタッフだけの話ではない。私自身も学びの楽しさを追求し続けたいと思う。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る