伸栄学習会では外国人の講師による英会話レッスンを行っている。


 浦安や行徳では、外国人は珍しい存在ではない。ただ、そうはいっても、子どもたちにとってナマの英語に接する機会はそんなに多くない。


 そんなこともり、彼には、なるべく塾の生徒とも接点を持って欲しいと思っている。その1つとして、先日、彼に「数学」の授業をやってもらった。


 一度だけではもったいないので、もう一度やろうとしていたところ、それはそれとして、“マンカラ”をやりたいという提案があった。


 実は、恥ずかしながら“マンカラ”なんて言葉を聞いたのははじめて。もともと英語のリスニングには自信ないが、それにしても何度聞いてもわからない。


 “マンカラ”なんて単語あったっけ………??


 何度かやり取りをしてようやくわかったのが、どうもゲームの一種らしい。


 彼の説明によると、世界最古のゲームだそうで、アフリカや東南アジアの歴史にも関連するとのこと。とてもポピュラーなゲームで、子どもでも知っているはず………??


 何はともあれ、このマンカラを通じて歴史の授業を行いたいというのが彼の主張。


 でも、いくら説明を聞いてもどうもよくわからない。英語がどうのこうとというより、私自身、マンカラについての知識が全くないのが根本原因のよう。


 それならばということで、私はよくわからないが、マンカラなるものをやることに決定。


 6月20日(土)に予定していた「数学」を「マンカラ」に急遽変更。数学は7月に延期することにした。


 “マンカラ”………………これって、知らないのは私だけ??


 皆さんご存じでしたか?? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る