新型インフルエンザによる休校に備えて、FAXの準備を進めている。


 最近、新聞やテレビでは、話題の中心から外れつつあるが、万一、新型インフルエンザの患者が出たら学校が休校になる可能性が高い。


 その場合、伸栄学習会では長期にわたる子どもの学習が停滞するのを防ぐためにFAX授業を行うことにしている。それに先立ち,FAX20台の購入手続きを整えたが、同時に各ご家庭のFAX保有状況のアンケートを開始した。


 これまで、単発的に書類を生徒や保護者の方にFAXすることはあったが、実際の保有状況のアンケートを行うのははじめて。


 まだ、すべて集計できたわけではないが、思ったほど保有状況は高いないよう。万一、学校が休校になりFAX授業になった場合、無料でFAXをお貸しする予定だが、どうも、これまで準備した20台では足りなさそう。


 アンケートの集計がまとまり次第、FAXの追加購入の手はずを整えなければならなさそうな雰囲気。


 ただ、思った以上FAXはかさばる。保管場所も真剣に考える必要が出てきた。


 鳥インフルエンザのことを心配したことはあったが、豚なんて予想もしていなかった。それに長期にわたる学校の休校も想定外。いやぁ、いろいろなことが起こりますネ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る