夏期講習の企画についてスタッフとの打合会を開いた。


 話題の中心になったのはイベント。せっかくの夏休み、できれば子どもたちにとって思い出に残るようなイベントを開きたい。


 ただ、私にとって夏のイベントはもう20数回目。いささか発想がマンネリ化しててなかなか斬新なアイディアが浮かばない。


 そこで、今回は、10秒以内に必ずアイディアを1つ出すというルールで、ブレーンストーミングを行った。


 さすがに若いスタッフからは面白いアイディアが出る。全部で100以上のイベント案が生まれた。自分一人ではこんなことは到底思いつかない。やはり「三人寄れば文殊の知恵」か。


 せっかくのアイディア。自分たちスタッフだけでこれを煮詰めるのはもったいない、ということで、生徒たちにも意見を求めることにした。


 今日、さっそくイベント案をワープロに打ち込み、アンケート用紙を作った。明日から、生徒に配布して意見を求める予定。


 ただ、このうちのいくつかは実現がすごく難しそう。もし、これらが選ばれたら、労力がすごくかかりそう。


 でも、まあ、これも塾冥利の1つか……… 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る