新型インフルエンザ(豚インフルエンザ)などの
                        緊急時の対応について


すでにご承知の通り、豚インフルエンザ(新型インフルエンザ)の世界的流行の可能性が高まっています。世界保健機関(WHO)では、「フェーズ5」から「フェーズ6」(世界的に流行する状況)への引き上げを検討していると報道されています。


万一、日本で流行した場合は、長期間、学校が閉鎖される可能性もあるといわれています。

このブランクは子どもにとって決して望ましいことではありません。


ついては、万一の場合に備え、当学習会では次のように対応しますのでご連絡します。


(1)新型インフルエンザが流行して学校が閉鎖された場合、当学習会では通常の授業を全面的に「人の接触の必要のない」FAX授業に切り替えます。


(2)FAX授業の内容

  ①授業日に塾に来る代わりにFAX授業を行います。

   ②利用しているテキストの学習範囲を塾が指定→生徒はそれを解く→塾で添削用に指定した問題に関しては生徒が塾にFAXで送り返す→塾で添削して生徒に返送→生徒は間違い問題を復習。

   ③指定問題以外でも、生徒が答えを見ても分からない問題は質問内容を書いて塾にFAXする→塾で解説を作成して返送→生徒が自力で解く→わからなければ再度質問する。

  ④必要に応じて電話での質問などに応じます。


FAXをお持ちでないご家庭のために、当学習会では取りあえず20台のFAX購入手配をいたしました。FAXをお持ちでない方に、無料でお貸しいたします。

(3)学校の授業が再開された時は、当学習会も通常授業(塾に来てもらう授業)に戻ります。


(4)速読速聴・英会話レッスンについて
      小中高生の英会話レッスンはお休みにします。大人のレッスンは状況により判断しますが、感染の可能性が多少でもあればお休みにします。(速読速聴・英会話レッスンはFAX授業を行いません)
                                                                

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る