スタッフの教科研修会を開いた。


 今日のテーマは市内の公立中学の英語の定期試験について。予め各スタッフに担当を割り当て、中学の定期試験を主観を交えて分析してもらい、それらを持ち寄って検討会を開いた。


 ただ、今回はそれぞれの中学について、自由に主観的な意見を述べてもらった。


 いつもとはすこし違う分析をしたためか、それぞれの中学の個性が浮き上がって見えてきた。ある中学は基本問題を徹底して出題している。ただ、その中でも、教科書の本文を微妙に変えて、教師も作問を楽しんでいる節が見受けられる。


 ある中学では、国語の問題のように、主人公の心情を問うているのもある。また、ある中学では、高校範囲の文法問題を出題している。この中学では、授業の中で高校範囲を幅広く扱っているのがよくわかる。


 また、本題とは直接関係ないが、イラストを効果的に配置して、1つの美術作品のように仕上げているものもある。


 定期試験も分析は都度行っているが、改めて、全体を捉え直すと面白い発見がある。


 塾にとって、定期試験や入試問題の分析は「必修科目」。でも、いつもと違って、距離を置いて、すこし遊び心(?)を持って見直すと違った側面が見えてくる。


 スタッフたちも結構楽しそうに問題を見直していた。やはり、たまにはこんな研修会も必要かと感じた。。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る