久しぶりに歌舞伎の幕見を見た。


 幕見とは歌舞伎を1幕ごとで区切って見ることができるシステム。歌舞伎をすべて見ると4時間以上かかるが、1幕だけなら1時間くらいで終わる。それに料金も安い(1000円前後)。


 銀座で時間が余ったときにときどき利用させてもらっている。ただ、案外、開始時刻にピッタリに間に合うことも少なく、行こうと思ってもタイミングの合わないことが多い。


 歌舞伎座は来年春から建て替え工事に入り、現在「さよなら公演」を行っている。この日の出し物は「元禄忠臣蔵」。


 日本人の心のふるさとのような物語。歌舞伎には明るくないがとても楽しめた。


 やはり1幕しか見られなかったのは残念。それに、わが家の子どもたちは忠臣蔵をよく知らないよう。


 それならばと思い、帰り際にチケット売り場に立ち寄ってみた。すると、残りが結構あるよう。早速、チケットを求める。


 後日、また来るまでに、せめて、「峠の群像」でも読ませなければ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る