高校・大学の入学試験もいよいよ終盤。


 生徒の何人かとは、毎日、顔を合わせる。この子たちの表情は真剣そのもの。一心不乱にエンピツを動かせている。


 つくづく、このような時に、子どもたちの実力が養われるのだと思う。よく、塾長たちと、「本当に実力がつくのは年末から入試まで」という話をする。その通りと思う。


 ただ、途中でへばってしまう子どもも中にはいる。勉強には「追い込み」と、追い込みを可能にする精神的な「エネルギー」が必要。そのためには、やはり、ふだんの努力が大切ということになろうか。


 今年は幸いなことに、へばってしまう生徒がいなかった。緊張感が最後まで持てたのは(持てそうなのは)ありがたいこと。


 あと、わずか。私たちも頑張らなくては。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る