伸栄学習会は3月から新学年に移行する。


 この数日、これに関連して忙殺されている。毎年のルーティンの業務とはいえ、年に1回のこと。忘れていることもあり、結構、気を使う。


 その1つが、パソコンに入っているデータベースの学年の変更。


 単純な仕事なのだが、万一、間違えるとたいへんなことになる。入力されている学年が違ってしまい、生徒や保護者に不快な思いをさせてしまう。もちろん、日々の授業にも大きな影響が出る。


 プログラムを使って一気に書き換えるので、十分、注意を払って進めなければならない。


 ………しかし、「やってしまった!」。操作を誤り、学年がずれてしまった。


 原因は単純。コンピュータ操作中に、他の急ぎの仕事が舞い込み、あれやこれやをやっているうちに、二重にコンピュータ操作をしてしまったため………


 誤りに気付き、しばし、呆然。その後、データを1つ1つ確認しながら修正。これは、かなり面倒。それに、誤りが誤りを生んでしまう恐れもある。


 いやぁ、今日は参りました。来年はこんなことにならないようにしなければ……… 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る