塾のカリキュラムの見直しを進めている。


 学習指導要領が改訂されて、この4月から移行措置が始まる。従来のカリキュラムだと落ちてしまう単元がある。これを防ぐというのが目的の1つ。


 ただ、大きな目的が別にある。それは、試験対策を強化するため。学校の試験でよい成績を修めるには秘訣がある。(“秘訣”というのは大げさか………)


 それは、試験対策のための時間を十分に確保すること。


 2週間、できれば3週間。この時間があれば経験的に成績を急上昇させることができる。でも、そのためには、その前に、試験範囲を終わらせておく必要がある。


 つまり、学校より「先を行く」ということ。


 一方、個別指導の塾では、どうしても、生徒のペースに合わせがち。これはこれでよいのだが、問題点も少なくない。


 新しいカリキュラムではこの辺を十分考慮する。成績向上は塾にとって最低限の課題。


 100%を目指さなければなるまい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る