先日注文した2セットの教材が届いた。


 いずれもコンピュータを使った教材。一昔前は教材といえばテキスト教材が常識だったが、技術の進歩とともにずいぶん変わった。


 ただ、この種の教材は教師泣かせのところがある。


 テキスト教材なら、ざっと見ればどんなことが書かれているかすぐわかる。ところが、コンピュータを使う教材は、実際に動かして見ないと中身がわからない。しかも情報量が多いので、全体をざっと把握するだけでもかなりの時間がかかる。


 それに、値段も高い。


 しかも、例えば、テキスト教材ならそれらを生徒に渡すことができる。生徒も保護者も、塾から「もらった」という気持ちにもなってもらえる。


 ところが、このような教材は「もらった」という有難みは感じてもらえない。


 その上、一番恐ろしいのは、教師が中身を点検し、生徒の立場で使ってみて、結局は、「これは使えない」という結論に達すること。


 もちろん、こうならないように内容を吟味して購入している。しかし、過去に何度も痛い目に遭ってきた。


  今回はそのようなことはないと思うが、やはり、中身を点検するときにはちょっとドキドキする。


 早ければ、3月ごろから使う予定。楽しみにしてください!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る