中学受験生に「仕事算」を教えた。


 仕事算は算数の定番の問題。


 この時期、受験生に新しい事がらを指導するのは御法度。できるもの、できそうなものをやって、「できる!」という確信を持ってもらうのが一番。


 当の受験生は必ずしも、仕事算は得意でない。ただ、何となく心配そうな様子。このまま仕事算を素通りすると、かえって不安を増幅する恐れがある。


 ちょっと迷ったが、踏み込んで指導した次第。


 やはり、理解がすこし不十分だったよう。受験間近でもあるので、くり返しくり返し似たような問題を指導した。


 帰るときの表情を見ると満足げ。ちょっと危険だっが、やってよかった。ホッしつつ授業終了。  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る