センター試験が終わり、千葉県の私立中学・高校の入試も始まった。


 小学生も中学生も高校生も受験モードに突入。塾が1年間で最も活性化する時期。教室の中では、教師たちが生徒の机の間を慌ただしく動き回っている。


 ふだん、茶目っ気のある生徒も、さすがにこの時期は神妙に取り組んでいる。受験生につられて、受験生以外の子どもたちも真剣なまなざしで机に向かっている。


 そんな中、午後の時間の一部を使って春期講習の企画会議を開いた。伸栄学習会のような小さな塾だと、どうしても、日々、生徒の指導に追われてしまう。


 しかし、「受験が落ち着いてから」なんて思っていると、あっという間に3月。そして、春期講習が目の前に迫る。


 昨年まで、ずっと、こんなことをくり返してきた。「今年こそ」と、強い思いで、少し早いがこの日の会議を開いた。


 講師たちは、皆、忙しい。受験指導に追われ、彼らの心は、春期講習どころではない。


 それでも、いろいろなアイディアが出された。やはり、時間に余裕があると、アイディアも出やすい。やはり、何でも早めに手を打つのは大切ですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る