塾内で教務研修会を行った。


 ヒルから昼食をはさみ4時間強。日頃の仕事とは別のアタマを使ったためか、いささか疲れた。


 個別指導もクラス授業もそうだが、塾の授業で大切なことは、やはり事前の準備。授業の前に何をどう準備すべきかを、スタッフ皆で徹底的に話し合った。


 もちろん、伸栄学習会でも、毎日授業の前に事前の準備を行っている。でも、毎日、毎日、同じことをやっているとやはりどうしてもマンネリになってしまう。これを、原点に戻そうというのが今日の目的。


 結局、4時間かけて、実際に準備できた生徒の数は、わずか3名。


 発想ややり方を変えると、やはり、とてつもない時間がかかる。でも、事前の準備で何が大切なのか、どこに力点を置くべきかなどについてスタッフの共通理解が得られた。


 明日以降、今日の成果を踏まえて、さらに改善されるはず。


 授業を通じて、生徒に「感動」を与えるのは簡単なことではない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る