年明けに実施される高校入試についての最新データをいただいた。


 高校別の難易度を占うもので、毎年あるところからいただいているもの。公立高校の入試難易度は偏差値だけでは判断できない。


 高校入試に関する出版物には、必ず、偏差値が書かれている。もちろん、これはこれで参考になる。しかし、最後の微妙なところ、偏差値の近い高校間の難易度はこれでは計れない。


 この資料はその微妙なところを判断できる、この時点で最も信頼のできる資料。毎年、重宝させていただいている。


 資料をよく読んでみると、やはり去年と今年とでは違う部分がある。思いの外人気の出た高校、その反対に人気のなくなった高校のあることがわかる。


 中学では定期試験が終わり、併願・単願を含め私立の志望校はほぼ固まりつつある。これから、公立の志望先を詰めていくことになるが、特に、「是非とも公立に」と考えている生徒・保護者には有益な資料になる。


 志望校についてお悩みの方、よろしければご連絡下さい。   

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る