東京聖栄大学の方からお誘いをいただき、スタッフと一緒に同大学の学園祭に出かけてみた。


  新小岩駅前にある同大学には管理栄養士を育成するコースがある。実学志向の高校生にとっては魅力ある大学。


 いわゆる総合大学と違って大学の規模は小さい。学園祭も派手さは感じなかったが、1つ1つ出し物に真剣味や堅実さを感じた。


 一番、驚いたのが、模擬レストラン。


 焼きそばやたこ焼きというどこにもある定番ものだけではなく、洋食や和食などの専門的なレストランが出店。


 お昼前の11時過ぎというのに、洋食は満杯。50分待ちとのこと。コース料理がわずか1000円。


 私たちの入った和食は、刺身やら揚げ物やら茶碗蒸しなどが供されて、これも1000円。招待券をいただいたので実はタダ。


 学生たちが真剣な表情でウエイトレス役を演じる。内装がそれらしければ、ウン千円を支払っても十分満足。


 女子高校生の資格志向はあい変わらず高い。管理栄養士など資格に直結する大学は彼女たちにとって魅力がある。情報収集の大切さを改めて感じた。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る