高校生の次男に連れられてガゼットのライブを見た。


 ガゼット………??


 私にはまったく初耳。次男によると結構人気があるそう。女の子のファンが多いとのこと。


 開演ギリギリに新木場のライブハウスに着く。中は、ぎっしり満員。大半が女の子。年令的には高校生くらい??


 コワイモノ見たさに来てみたが、ネクタイなんかしている人は皆無。


 茶髪半分に黒髪半分??不思議なコスチュームに身を包んでいる人もチラホラ。


 まったく場違い。しかし、この場違い、私はキライではない。(場の雰囲気をコワしたとしたらゴメンナサイ)


 ライブが始まる。周りでは踊りが始まり、頭を振り回したりしている。もし、頭がぶつかったらケガではすまない。よけいなことだが心配になる。


 音楽や服装は違うが、この熱狂、今も昔も変わらない。保護者の方も同じような経験をお持ちかもしれない。


 ただ、現実のこの子たちは、塾に通っている女子生徒と年令は同じくらい。彼女たちは、塾ではこのような姿を決し見せない。学校でも同じだろうし、たぶん家庭でもそうかと思う。


 人は場面によって、さまざまに演じ分けている。


 塾や学校で教師に見せている姿は彼女たちのほんの一部。


 ガゼットの音楽は、やはり、私にはつまらなかった。でも、いろいろ考え、実感できた。とても勉強になった。


 改めて次男に感謝??

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る