ここ数日、「ラジオ体操第2」を弾いている。


 以前から、一度弾きたいと思っていた。


 朝、ピアノを弾くのは無上の楽しみ。(いや、ぜんぜん上達しないので無上の苦しみ?)。わずかな時間だが、私にとっては貴重な時間。


 曲を知ったのは中学生の時。午後になると、毎日、学校のとなりの事業所から聞こえてくる。このメロディを聞くのが楽しみだった。


 小学生の時から「ラジオ体操第1」はイヤというほどやらされた。ただ、この曲は好きになれなかった。でも、「第2」は別。これを耳にすると、今も昔も心がウキウキしてくる。


 作曲者は團伊玖磨。日本を代表する作曲家。


 改めてこの曲に接すると、ラジオ体操というより、「ピアノ小品」という感じがする。シンプルだが1つ1つの音に意味づけされているのに驚く。


 CDやDVDのような演奏ができるようにはなるとは思えない。ただ、今度の休みにでも、私の伴奏で、ムリヤリわが子を体操させてみるか。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る