「ウチの先生、授業でウソをつくんですよ………」


 高校生の女の子がうれしそうに話しかけてくる。


 「エッ、どういうこと??」


 「ちょっと、これを見て下さい。」と物理のプリントを取り出す。見ると、乾電池に豆電球がつながった絵。同じ絵が上下に2つ。そして、そのヨコに設問。


 ア.上の方が明るい   イ.下の方が明るい


 正解はどっち???


 その生徒によると、授業でよくこんな冗談が飛び出すのだそうだ。本人曰く、「この先生、どこまで本当で、どこまでウソなのかわからないんです。物理がわかなくなったのは、このためなんです………」 


 いや、そうではないだろう。彼女は中学の時から理科は得意ではない。


 でも、楽しそうな授業。彼女の表情がそれを物語っている。


 それに、かなり高度な話術が必要そう。1つ間違えると、本当に生徒を混乱させてしまう。ギリギリのところで生徒とのやりとりを楽しむのも教師冥利?


 ところで、本人がぼそり。「明日、その物理の試験があるんです。」


 いやぁ、困った!  

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る