スタッフと一緒に地元の県立高校2校を訪問した。


 午前中に浦安高校、午後に行徳高校にお邪魔させていただいた。浦安高校では、校長自らが3時間超にわたりいろいろな話を聞かせてくれた。学校内も授業開始直後と中盤の2回にわたってご案内いただいた。


 浦安高校は、5年ほど前まで、地元の評判は芳しくなかった。それが、ここ数年、見違えるように変貌した。学校改革のもっとも上手くいった高校の1つ。


 学校改革が成功した理由、歴代校長の功績などについてじっくり話を聞くことができた。


 校長の役割は、「現状を分析すること、目標を設定をすること、目標に向かってのロードマップを作ること」という部分は、そのまま伸栄学習会に応用できるのではないかと感じた。


 午後は行徳高校にお邪魔した。行徳高校で応対いただいた先生には、ここ数年、毎年のようにお話を伺っている。学校の実情などについて、いつも詳しくお話し下さる。


 同校は昨年、一昨年と定員ギリギリの入試を行っている。こんな中、一人でも多くの人に、学校の姿を伝えたいという熱意をいつも感じる。


 伸栄学習会は小さな塾。それにもかかわらず、いつも親切な応対をいただけることに深く感謝する次第です。 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る