大学生の長男と長女と一緒に上海に行った。


 経済発展が著しいと言われるBRICs4カ国(ブラジルBrazi)、ロシア Russia、インド India、中国 China)。その中でも、何かと話題になる上海を見てみたいというのが旅行の目的。


 ものすごいエネルギーを感じた。浦東(ホトウ)地区にはビルが林立、夕方5時になると、帰宅するおびただしいビジネスマンやビジネスウーマンが地下鉄に吸い込まれていく。


 日中も地下鉄の構内は、どこからこんなに湧き出すのか人がいっぱい。


 交通費は驚くほど安い。地下鉄は50円程度、タクシーも10キロほど走っても500円弱。


 街の食堂(中国語しか通じないが)も、3人がどんなに食べて1000円に満たない。


 それなのに、施設への入場料は高い。上海のシンボル、東方明珠塔(テレビ塔)に上るには2000円強を要する。あまりにバカバカしいので下から眺めて終わりにした。


 旅のもう1つの目当ては雑技(サーカス)。上海の雑技は中国の頂点に君臨するという。2晩連続で別の雑技団を見たが、いやぁ、すごい、すごい! 心から感激。


 ところでこの旅行。ある旅行社で宿泊付きでお願いしたが、ベラボウに安い。国内旅行もこんな値段では到底不可能。一方でガソリン代などが異常に高騰、それなのになぜ……?


 いったい、物価はどうなっているのだろう?? 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る