教室のレイアウトを変えた。


 講師の立つ位置(教卓)を、従来の教室の真ん中から入り口付近に移動した。子どもたちの様子を見ていると、「何事が起こったのだろう」という顔をしている。


 これだけで、模様替えの効果は十分あったと思っている。やはり、いろいろな意味で「変化」は良いことだと思う。


 模様替えの結果、講師の分業がさらに効率的に進んだ。これまでは、一カ所に講師が集まる傾向にあった。しかし、教卓が教室の隅に移動したため、残りの講師の立つ位置が必然的に教室のもう一方の隅に移動した。


 このため、複数の講師が分担して、教室全体を見ることができるようになった。子どもたちの学習も、以前よりさらに集中するようになったようだ。


 次の課題は遅刻の撲滅。


 夏期講習はどうしても遅刻が多くなる。個別指導の場合、申し込みした時間がバラバラになるケースが多い。このため、子どもたちのスケジュール管理がどうしても甘くなる。


 緊張感を持ってもらうためにも、さらに教室の雰囲気を引き締めていきたい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る