伸栄学習会では1980年にコンピュータを導入した。


 塾としてはかなり早いほうだと思う。そのときに、表計算ソフト、ワープロ、それにRbaseというデータベースソフトを導入した。


 Rbaseの使い方はかんたんではなく、当初ずいぶん苦労した。ただ、一通り仕組みがわかるととても便利。生徒名簿、出欠、授業料の請求など塾の主要業務の
ほとんどをRbaseで行うようになった。


 ところが、昨年末、その会社が解散。サポートが受けられなくなったばかりか、改訂版も出なくなった。今後、コンピュータはますます進化する。いつの日かRbaseが動かなくなるのは目に見えている。


 そこで、最近、やむなくAccessの勉強を始めることにした。


 先日そのセミナーに出たが、Rbaseとはまるで違う。同じデータベースとは言いつつも、発想の根幹から違うように思えた。


 一つひとつデータの変換のしつつ、その煩わしさ、わけのわからなさなどで涙を流している。


 「勝ち馬に乗れ」というのは世の常識。国は滅んで欲しくないものだ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

トップページに戻る